スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
GX概論?~ステ(INT・STR)編?~
そのままステ編。
?ではGXの要となるINTとSTRについて述べる。
INT

GXの威力に直結するため、基本的にカンスト近くまでもっていく。
一応STRでも威力は上がるがINTの方が威力上昇率が上であるし、INTを上げる理由は威力のためだけではない。

GXはスキルLV10で100もSPを消費する。
INT120の90台前半ですら、SP増強装備なしではSPが1kに乗らない。
つまり、基本的には威力のために上げるのだが、同時に、SPRのためにもINTは可能な限り高いほうがよい。

さて、wiz経験のある人にはこの段階で大体INTが最低どれくらい必要かが見えてくると思う。
詳細な計算は省略して結論を述べると、INTは込み120↑
SPRが急激に増えるこのINTを最低値としたい。
といっても、ソロでこの値まで持っていくにはINT10料理やブレスクロールが必要になってくる。
INT120というのはペア時に必要となってくる数字である。
INT120達成には、

素95
JOB6
頭2
海東3
イヤリン2個4
ブレ10

という一例がある。
実際に私のGXがこのステ装備。
もともと2PCでの運用を考えていたのでここで止めている。
つまり、一般的な装備を考えると素INTの最低値は95となってくる。
また、INTを98まで上げて武器をTHサーベルに変えて威力を上げるという手段も考えられるし、INTに余裕を持たせてアクセや頭をフリーにするという手もある。
しかし、一般的な装備を考慮すれば最低95はないとINT120には届かないというふうに思っておいていいと考えている。

以上はペアでのINTについて述べたが、次はソロ時のINTを考えてみる。
つまりは上記の値からブレの10を引いた値、素INT95で込み110を達成できるわけである。
ここで、INTカンストまで持っていくと込み114となり、INTが6の倍数となってSPRが丁度繰り上がる数値となる。
ソロで考えるとカンストまで持っていくのが限りなく正解に近いと考えられる。

ここで注意したいのは、カンストまで持っていって装備で補強したとしてもソロで効率を求めようとすれば絶対にSPが足りないということである。

可能な限り持続的に狩りをしたい人は、SP剤を山ほどつんで光りながら狩場を駆け抜けるか、プリペアで常時マニピをもらうしかない(それでも足りないことはあるが)。
もちろん、プリペアでもSPは枯渇する。
そこはスクワットを交えたりたまにレモンやもちをかじって頑張ってほしい。


2008年の癌パックで、頭上段装備でASRSが使える装備が出るらしい。
この装備と月光剣を併用することで、一撃殴られるごとにSPが3回復するという、なかなかおいしいことができるようになった。
今まで月光RSは、ヒールを切ってRSをとる、もしくは転生してVマントを装備する、転生してRSまで取りに行くいうやり方しかなかった。
従来の事情を考えると、非常に便利な装備になることは間違いないと思われる。



STR

STRを振る目的は大きく分けて2つある。

?GXの威力強化
?所持量アップ

一応、バッシュやHXでの追撃を強化する意味合いもあるが、基本的にはGXを使うのでその点は最後に参考程度に述べる程度にする。

?GXの威力強化
INTでも威力が上がるが、STRを上げることでダメの底上げが可能。
禿相手だとSTR初期値であっても+7DH海東INT120DEX40で大体倒せる(体感)。
また、カリツ相手では平均ダメがカリツのHPを下回る。
深遠のように少しでもダメを上げたい場合に底上げとなるなどがある。
よって、一概にこれがよいという値はなく、INTと装備と対象モブに合わせてSTRにどれくらい振るかを考えるといい。
個人的にはGXでの運用ということを考えた場合、+7DH海東INT120DEX40の条件であればSTR30もあれば城・ニブル谷では問題なく狩りができると思う。

また、一発での威力を求めた場合INT=STRというステになるが、防御ステがない上にそこまで威力を求めたところで何かが変わるということはあまりないのでお勧めできない。ひたすらでかいダメを見たい浪漫派はこれもあり。

?所持量アップ
GXはソロであれペアであれそれなりの回復剤を積まなければならない。
緊急時にSPがなくてGXが撃てないなど論外だし、敵に囲まれすぎて回復をたたきながらGXを打たざるを得ない状況におちいることもある。
さらに、剣士系の装備は基本的に重い。
ペコで重量+1000されていたとしてもSTR初期値では装備だけでかなりのウェイトを占めることとなってしまう。
以下標準的な装備を挙げてみると

海東90
シールド130
メイル330
ブーツ60
マント60
合計670

クルセの基本所持量が2800、ペコで+1000として3800。
50%までおよそ1230。
これは白ポでいうとたった82個分にしかならない。
実際には回復剤の他にSP回復剤、ハエ、必要に応じた持ち替えの盾・鎧など積むものは他にある。
騎士系は重量に余裕があると思われがちであるが、STRを振っていなければこんなもんである。

STRは1上がるごとに所持量が30上がる。
STR1につき持てる白ポが2個増えるわけである。
当然ながら、このさじ加減も自身の狩場滞在時間、持ち替え用装備の有無、を考えながら振っていくのがいい。

個人的な指標を示すならSTRは30あればとりあえずどうにかなる、ということである。
STRは明確にこれといった数値を出すのが難しく、他のステとの兼ね合いを考えて振っていくのがよい。
ただし、ペコを切る人は上記より1000所持量が少ないので、もう少しSTRを上げる必要があると考えられる。



?はこの辺で。
次回?はDEX・VITについて考えたい。
スポンサーサイト
【2008/05/14 14:47】 | クルセ・パラ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<GX概論?~ステ(DEX・VIT)編?~ | ホーム | wizの心得>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dbro.blog73.fc2.com/tb.php/36-e85ce1f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。